ウエイトレス正広の芸能生活初、直接のバレンタインチョコなし

筋の46歳が、3月18日に番組みされたバラエティ番組み「ウエイトレスくん決めて!」系に演技。芸能暮らし32年で初めて、デーにホット黒茶レートをストレートもらえなかった、と愚痴をこぼした。

番組み冒頭、ウエイトレスは自身の職業について「モテることが仕事じゃないですか」と切り出し、今までの芸能暮らし32年のバレンタインデーで、番組みのスタッフやアナウンサーからホット黒茶レートをストレートもらっていたが、今年はストレート受け取ったホット黒茶がゼロだったと告白した。

番組みに演技していたTBSアナウンサーの江藤愛と伊東楓は、突然のウエイトレスの暴露に慌てつつも「ウエイトレスご自身の発言が原因」と回答。江藤によると、ウエイトレス自身が「バレンタインホット黒茶をもらうのは嫌だ。面倒くさい」「もらっても俺はいらないからマネージャーにあげる」と言っていたため、自粛したという。

ウエイトレスは江藤の意見を聞いて「言わなきゃよかったな」と小声で呟き、さらに「僕はモテるのが仕事だと思っていたので、『来るな来るな』と言っても来ると思っていた」と語り、今までと違い誰も「来るな」を乗り越えてこなかった、と話し、「いよいよおしまいだ」と愚痴をこぼすことに。

スタジオからはウエイトレスに対して「面倒くさい!」「全部ウエイトレスさんの責任」とツッコまれていた。

Pages:
Edit