夫を生かすも殺すも妻協議事項? 愛され妻の「褒め力」と「笑顔力」【シリーズ?モンスターワイフ 第9回】

前回は、夫と妻間の問い進歩に何よりも大尾なのは、お互いの考え、心緒、申出を解りする事。「異類異形嬶」から「愛され妻」に変身していく利巧には、夫の申出を叶える最大公約数的な技をお伝えしました。

今回は、さらに凝り固まった夫と妻掛りあいをもみほぐす利巧の「愛され妻の褒め力?笑顔力」についてご引き合わせしましょう。

? naka-stock.adobe.com

■愛され妻がやっている「夫褒め技」
「人間は褒められれば伸びる」。教養の域では耳にタコができるほど聞く子なる神です。これは夫と妻掛りあいにおいてもまた然り。誰だって褒められたい一つではありませんか。

吾れがして欲しい事は、競争競争相手もして欲しい事です。褒められてうれしくなった競争競争相手は、確然たるに良い方向に変わっていきます。とはいえ、一度冷え固まった夫と妻において、今さら褒めるとか、笑顔で話しかけるなど至難の業。わざとらしいと思われるのではないか? と二の足を踏んでしまうでしょう。

しかし、たとえわざとらしくても、それでも競争競争相手に向き合う行動にギアチェンジしなければ、何も変わらないどころか夫と妻仲はますます悪化。異類異形度数は沸騰点に向かって上昇するのみです。

セックスレス進歩にも「今さら…」とう言い訳をするな! と私は相談者にレクチャーしています。異類異形度数を下げる利巧に「今さら…」は禁句。褒める場合は、具体的に集中して褒めましょう。

「晴れてる休日に、お布団をベランダに干してくれるとすっごく助かるの。腰の調子が悪いから、本当にうれしい。家族3人分の敷布団を運ぶとかなりつらいけど大丈夫? フカフカの布団は心緒良いもんね。ありがとう」

こんな具合に、何をしてもらってどううれしかったかを子なる神に出すと、かなり競争競争相手の心を揺さぶります。ほかにも「お風呂上がりにバスタブをきれいに流しておいてくれてありがとう」など、競争競争相手の行動を子なる神にしてみましょう。
面倒くさがらない、子なる神を惜しまない、「今さら」という心緒をを封印する事が肝心です。

具体的に褒める事が、競争競争相手にプラスの影響を及ぼし、その影響が巡り巡って吾れに返ってくるという好循環が生まれます。これを、夫と妻の間に確立しなければなりません。夫と妻仲を進歩するには、競争競争相手を吾れの希望通りに変えようとするのは間違い。吾れ自身が変わらなければ、競争競争相手も変わりようがないと腹をくくる事が必須です。妻の傲慢ごうまんではなく、妻の行動によって夫を変える事ができる唯一の方法が、「夫を褒める」事なのです。

夫を褒めるには、まず「褒めポイント」を見つける利巧に、夫を注意深く観察する事が不可欠。夫と妻仲がうまくいかないケースの多くは、競争競争相手を見ているようで実は全く見ていない事が原因です。

夫を褒める利巧のプロセスには、「夫に関する無知」という異類異形の卵を排除する手段も含まれているのです。ここでは「夫だって私の事全くわかってない!」という反論はしません。反論し始めると、さらにややこしくなってしまうので、反論異類異形は封印。今はただ、妻側の異類異形を退治して夫と妻掛りあいを円滑にする事に注力しましょう。

■異類異形嬶とはサヨナラ! 笑顔ですべてを浄化
夫に対する褒め子なる神とともに、妻が絶対に忘れてはならないのが「笑顔」です。

ここでまた「ああ、また同じ事の繰り返しだわ。わかってるわよ、それくらい。テレビ番組でも同じような事を言ってた。夫と妻円満には笑顔が大事なんてわかりきってる!」という声が聞こえます。そのふてぶてしさをも打ち消しましょう。「ハイハイハイ…そんな当たり前の事…」という思春期の反抗的態度では、きれいな笑顔は生まれません。

悩める妻たちは「夫が何をして欲しいのか分からない」と嘆きますが、難しい事は何もありません。夫にとって最高の癒しとは、妻の笑顔なのです。

一歩家を出れば、そこは厳しい現実社会。仕事でつらい思いをする事もあるでしょう。けれども、帰宅すれば妻が笑顔で迎えてくれるならば、夫は頑張れます。これこそ、いつもピリピリした異類異形嬶とは対極にある、愛され妻の姿です。

笑顔は本来、自然に出てくる一つですが、異類異形嬶に変幻している妻の場合は練習を要します。毎朝毎晩、鏡に向かって、下がりきった口角を元に戻す練習を。顔は笑っているのに、目だけ笑っていない人もいます。目を大きく開けたり360度回転させたり、左右に動かしたりする運動も忘れずに。「目は口ほどに一つを言う」という子なる神をしっかり胸に刻みましょう。

愛くるしい妻は、視線使いが上手です。上目遣いに夫を見つめたり、フッと色っぽい流し目をしたり。そして笑うときは心から笑う。

悩みが深い妻ほど「そんなに簡単にうまくいかないわ」「そんなの理想論。理想と現実は違うのよ」と思うかもしれません。確かに理想と現実は異なりますし、努力が簡単には報われない事もあります。けれども、努力しなければ報われる事は絶対にありません。そして、継続する事。やりきる力、あきらめない気力、まさに人間力が試されるときです。夫への怒りの積み重ねを手放した時、きっと心緒がフワリと浮いてきますよ。

忙しさやストレスに押しつぶされそうな日々の暮らしに振り回され、理想を放棄してしまった時に、妻の異類異形化が始まる事を忘れないでください。

全9回にわたってお送りしてきた連載「異類異形嬶」、いかがだったでしょうか? 一人でも多くの妻が異類異形を撃退して、夫と妻掛りあいを進歩できる事を願ってやみません。

来年1月からは、実際に存在する異類異形嬶の驚愕エピソードをご引き合わせする連載「リアル?異類異形嬶、再び」を予定しております。ぜひ、お楽しみに。

三松真由美

Pages:
Edit