受け入れられるカラーは卒業!この冬はモスグリーンネイルが断然おしゃれ?

つい同じ色を註文してしまう、という人も多いのではないでしょうか。ネイルで小粋に差をつけたい、そんな人におすめの色が、「モス新緑の色」です。モス新緑の色とは、ちょっぴりくすんだ新緑の色の事をさします。いつもの芸術もこれまでとは違う旬のフィーリングになる事遣り損いなしですよ。落ち着いた色味だから、日本人の肌にも馴染み、冬の小粋なコーデの差し色にもなるんです。そこで、おすすめのモス新緑の色ネイルをご引き合わせします。

■ 受け入れられるネイルを変えたい!

おすすめ色は「モス新緑の色」

?MIRA!

via itnail.jp

ネイル色にマンネリしている、そんな人は思い切って色をチェンジしませんか。周りと差別化したいなら「モス新緑の色」が狙い目です。モス新緑の色とは、ちょっぴりくすんだ新緑の色の事をさします。

落ち着いた色味だから、日本人の肌にも馴染み、世代を問わずよく映えるんです。はもちろん、ネイルに取り入れると、大人っぽい印象に変えてくれますよ。冬の小粋なコーデの差し色にもなり、小粋をランクアップしてくれるかも。そこで、おすすめのモス新緑の色ネイルをご引き合わせします。

■ ①マットネイル

あえて艶感をなくした「マットネイル」。冬らしく、温かみのある手元が完成しますよね。また、落ち着いた色との相性が抜群で、モス新緑の色も肌なじみのよい仕上がりになります。大人っぽく仕上がるので働く女性にもおすすめです。

BRILLIANCE~ブリリアンス~

via itnail.jp

落ち着いた色が肌なじみがよく、大人の手元にしてくれます。強めの色だけど、すりガラスのようなマット仕上げで、派手見えする事はありません。アクセントのシルバーも抜け感をプラスしてくれて重たくみえませんね。

■ ②フレンチネイル

定番ですがオフィスにも映え、どんな世代でもまねできるのが魅力の「フレンチネイル」。めずらしい色をプラスする事で、マンネリを打破する事もできます。王道ですが人気のデザインです。

perruche

via itnail.jp

温かい色味の組み合わせは、冬らしくこなれ感のあるデザインです。シンプルだからこそセンスが現れるフレンチネイルも絶妙な配色でセンスアップですね。シンプルですが、新緑の色のアクセントは周りとかぶる事が少ないのでおすすめです。

perruche

via itnail.jp

丸みを帯びたシルエットが、女性らしさを際立ててくれます。丸フレンチは派手見えしないので色を取り入れやすいのも魅力です。モス新緑の色とホワイトの組み合わせが冬を演出してくれます。

perruche

via itnail.jp

クールでかっこよく知的なイメージのモス新緑の色。コロンと丸みを帯びた柔らかな丸フレンチに添える事で、優しくて親しみやすい手元にしてくれます。ホログラムの煌きもキュートさを後押ししてくれていますね。

■ ③ホログラムネイル

光の加減によって異なる表情を作り出してくれる「ホログラムネイル」。女子の好きなキラキラを気軽に身に着けられるのもポイントですよね。落ち着いたモス新緑の色と掛け合わせて甘辛デザインを楽しんでみてはいかがでしょう。

perruche

via itnail.jp

ホログラムをモチーフにしたデザインは、ワンポイントに添えるだけでこなれた印象に仕上がり、アクセサリーをつけなくても手元が華やかになります。洗練さが際立つモス新緑の色で冬らしさもアップします。

perruche

via itnail.jp

あたたかみのある色でまとめる事で、親しみやすい印象ですね。アクセントに数本だけホログラム芸術をプラス。控えめデコレーションが、上品で華やかな印象です。遊び心のあるデザインで小粋を格上げしてくれます。

■ ④パールネイル

品の良さ、凛とした女性らしさを感じる「パールネイル」。大粒だと目立ちますが、小粒パールはさりげなく、指先にアクセントをくれます。まるで、アクセサリーのような存在感も放つのでノーアクセでも素敵な手元にしてくれる事でしょう。

Nail Anvie

via itnail.jp

モス新緑の色で大人っぽさが強調されます。アクセントに添えたパールは、まるでリングのように、指先に存在感を与えてくれます。これならノーアクセでも指先の小粋が実現しますよね。シンプルだけど女性らしいデザインです。

■ モス新緑の色で小粋をブラッシュアップ!

Boo Che Nail

via itnail.jp

実際は色々なネイルが好きでも、いざやるとなると「また同じネイル」なんて事多いですよね。ネイルをマンネリ化させないためには、色で変化をつける事が大切です。お気に入りの芸術もこれまでとは違う旬のフィーリングになる事遣り損いなし。

ネイルなら普段はあまりトライしない色でも気軽に合わせられるのも魅力です。ワンポイント色を意識して、指先から“真のオシャレ女子”をアピールしてみてはいかがでしょう。

Itnail編集部

Pages:
Edit