自意識を持ったド貸出しを描く短編SF「Donny The Drone」

斯うして遠方はない先行き、レビューが入選する「パーソンン?オブ?ザ?イヤー今年の人」にド貸出しが選ばれる日が来るかもしれません。

江戸を本に動きする若手映像ディレクターのマッケンジー?シェパードによる新作『』はそんな先行きを描いた小編SF。

ドニーは元々、地図を改良するべく世界各地を撮影するようにに設計されていたド貸出し。しかしある日、自我に目覚めます。生まれて初めて自由を満喫し生きていることを実感していく中で、現実の残酷な面を目の当たりにしたドニー。そこで彼はド貸出しであることをいかして、人助けにまい進していくことに。そんな動きが認められ、栄えある「今年の人」の表彰式で彼が語りだした内容とは…。

ドニーの声を務めるのは、先日、続編のキャンセルが決まってしまった『エイリアン:コヴェナント』でウェイランド社の社長ピーター?ウェイランドを演じたガイ?ピアース。本作はSF小編映画のプラットフォームDUSTにて公開中です。

Source:
Image:

Cheryl Eddy – Gizmodo io9[]
たもり

Pages:
Edit