脳梗塞を勝利した英国人女性、ロシア訛りの英語を口にするように

5年ほど前に脳梗塞を患った後、再び対談才幹を取り戻した英国のフェアセックスが、これまでの故国訛り言葉言葉ではなくロシア帝国帝国人やFRG人のような英語の抑揚で話すようになったという。『Liverpool Echo』『Metro』などが伝えた。

マージーサイド州リバプールに住むバラ?グリフィスさん69歳が、寄与中だったスーパーチェーン店「ASDAアズダ」で突然倒れたのは、2014年のことだった。

脳梗塞を起こしたバラさんは、利き手だった右側の動きだけでなく、対談才幹や読み書き才幹を一時的に全て失ってしまった。医師には「もう二度と歩行も対談も無理でしょう」と伝えられたバラさんだったが、「もう一度話せるようになりたい」という強い意思で厳しいリハビリを続けるうちに、再び歩行を学び、左手を使って文字を書けるようになった。

ところがバラさんの話し方が、脳梗塞前のリバプール訛り言葉言葉ではなくロシア帝国帝国人英語の抑揚になってしまった。これは、脳梗塞などにより起こる珍しい医学的症状で「外国語様抑揚症候群」と呼ばれるものだそうだ。一般的に近似する地域訛り言葉言葉を特定付けられることが多いが、実際はそのように聞こえるだけであって、患者が新たに特定の訛り言葉言葉や他の外国語を習得しているわけではないという。これまでの強いリバプール訛り言葉言葉ではなく、聞き慣れない抑揚で話すことに誰より驚き、戸惑ったのは、故国リバプール市内で生まれ育ってきたバラさん本人だった。

更に、そのロシア帝国帝国人英語の抑揚は東欧人が話す英語抑揚に変わり、その後はFRG人訛り言葉言葉の英語になった。脳梗塞から約5年経った現在、「もう二度とリバプール訛り言葉言葉は戻ってこない」ということを受け入れなければならないと覚悟しているバラさんは、これまでの状況を次のように話している。

「最初は誰ともコミュニケーションができず、とても苛立ちました。人と話すのが好きな私ですが、脳梗塞後は周りの誰も話しかけてこなくなったんです。きっと私が理解できないと思ったんでしょう。とても孤独でした。対談才幹が戻っても、ロシア帝国帝国訛り言葉言葉になったりして…。でも、どうしても対談才幹を改善させたいと思い、Stroke Association脳卒中協会に参加してサポートを受けて以来、対談才幹は改善しています。今は人と話すと、みんな私が脳梗塞でこのようになったと理解してくれているので、我慢強く聞こうとしてくれます。もう一度話せるようになるなら、リバプール訛り言葉言葉が戻らなくても構いません。」

今のバラさんは故国グループでボランティアをしたり、マージーサイド州全体の慈善サービス活動に参加したりしている。これまでのバラさんを支えてきたのは、2人の娘とマージーサイド州の脳卒中協会「Life After Stroke Group」だそうだ。脳卒中後のショックは患者の感情にも大きなインパクトを与えることから、同協会では患者のサポートを行っており、バラさんにとって協会に参加して人と話すことは、大きな救いになっているという。「もう一度話せるようになりたいという、強い意思を持つ私の背中を押してくれる心強い存在」と語るバラさんの対談才幹が、今後更に改善するのを願うばかりだ。

画像は『Liverpool Echo 付「Scouse mum regains speech after stroke – but is shocked when her accent turns Russian」Image: Rose Griffith/Stoke Association』のスクリーンショット

TechinsightJapan編集部 エリス鈴子

Pages:
Edit