矢崎広 柳下大 いささ川ゲン 佐野岳&演出?田中麻衣子に聞く~『Shakespeare’s R&J~シェイクスピアのロミオとジュリエット~』稽古場訪問

もしも厳密な寄宿学園の男性高生が『ロミオとジュリエット』に出会ったら?
めいめい、様々な所本で経歴を重ね、めきめきと頭角を表し始めている若手、矢崎広、柳下大、いささ川遺伝因子、佐野岳が4人劇道に傍若無人する。

本は、シェイクスピアの名編『ロミオとジュリエット』をUSAの劇オーサージョー?カラルコが修飾し、グローブ的に頌詞を浴びてきた『Shakespeare’s RJ~シェイクスピアのロミオとジュリエット~』。厳密なカソリックの学園で、寄宿暮らしを送る4人の男性高校生が、シェイクスピア本の中でも特に猥褻な子なる神が多く刺衝的と言われる『ロミオとジュリエット』を演じているうち、謀略が入り乱れ、彼らの中に見知らぬ印象が芽生えていく……、というストーリーだ。

この本にインタレストを覚えた作家は、その本逕路がとても気になったので、修業場を見学させてもらった。のみならず、上演の田中麻衣子、そして4人の配役矢崎、柳下、いささ川、佐野から話を聞く事ができた。

『Shakespeare’s RJ~シェイクスピアのロミオとジュリエット~』修業場
■修業場学術論文
この日は、劇中歌の修業から始まった。

夜、ドームのとある室。楽しみながら演じている『ロミオとジュリエット』の中で、ちょっとフザけて、ロッカーや机をドラミングする角帽たち。ひとしきりフザケた後、4人は美しい声で鼻歌を始め、〈角帽1/矢崎〉の「ジュリエットの寝室」と場を伝えるセリフで、劇道に戻っていく。

歌修業の後には、〈角帽1〉扮するロミオと、〈角帽2/柳下〉扮するジュリエットが縁組みの誓いを立てるロマンティックなシーンを演じる中、〈3/いささ川〉と〈4/佐野〉は囃し立て、〈3〉が突如、暴力的になり本を破る、というシーンの立ち修業が行われた。

演者たちは、角帽1、2、3、4としてのセリフを発しながら、『ロミオとジュリエット』の登場人物のセリフを発する時にはパッと表情?佇まいを変え、ストーリーに入り込んだり、逆に抵抗してみせたりする。角帽たちと、『ロミオとジュリエット』との距離感が多様に変化する様が、なんともインタレスト深い。

1シーンが終わるごとに、上演?田中麻衣子が上演席から立ち上がり、4人の中に入って相談をする。本を破るのはどんな衝動なのか、それに他の3人はどう印象を動かすのか。こうかもしれない、ああかもしれない、と演者にヒントを与え、意見交換をしていく。同じシーンを何度も繰り返すが、立ち位置も動きも声のトーンも、演じる度に変化していった。

閉ざされた空間で“危険な楽しみ”に興じる男の子たちを、覗き見しているような胸騒ぎも覚える。同時に、素の自分と役とを瞬時に行き来する、俳優という仕事の不可思議さを垣間見られる、バックステージもののようでもある。

さらには、シェイクスピアの魔法にかかっていく若者たちを通し、シェイクスピア戯曲の偉大さにも、改めて出会える本となりそうだ。“一粒で2度おいしい”ならぬ、3度、4度とおいしい。きっと劇場に何度でも足を運びたくなるに違いない!

■上演?田中麻衣子に聞く
「この本は、オーサージョー?カラルコが、『ロミオとジュリエット』を普通にやるだけでは表しきれない、危なっかしさや暴力性のようなものを表現できないかと、この設定を考えたらしいんですね。『ロミオとジュリエット』を演じるのは、寄宿制のエリート校に通っている、将来は官僚や学者になるような角帽です。彼らは小学園からずっと厳密な環境で育ち、いろいろな事を禁じられてきた。そんな中、『ロミオとジュリエット』を手にし、知らなかった自分にどんどん出会っていくんです。

基本的には、4人の関係の話と思っていますが、恋愛に近い印象も芽生えてしまったり、ケンカが起きたり、寄宿学園で暮らししているだけだったら生まれなかった印象や関係が生じてしまうという、非常に魅力的な本です。

今回の4人の演者さんは、皆さん、若い頃からお劇道のグローブにいるからなのか、修道僧に近いようなストイックさがあって、演じる角帽たちに通じるエリート予備軍みたいな印象を受けます。この4人が、リアリティのある関係であればあるほど、面白くなるんじゃないかなと思っています。

ストーリーがわかりやすいかと言ったら、そうではないかもしれませんが、4人の関係性をつぶさに観て頂けると、感じる事がいろいろあって、今までと違う演劇体験ができるんじゃないかなと思います」

■矢崎広、柳下大、いささ川遺伝因子、佐野岳にインタビュー
--『ロミオとジュリエット』を演じる男性高校生、という設定、多重構造で大変面白そうですね。

矢崎 僕は最初、設定だけ聞いて、高校生が頑張って演劇をやる、コメディチックな話かと思ったんです。ところが台本をいただいて読んだら全然違っていました。『ロミオとジュリエット』を演じながら、厳密な寄宿学園で育ってきた〈角帽〉の部分も表現する。どちらの部分も難しいなと思いましたね。

矢崎広

柳下 『ロミオとジュリエット』の戯曲のセリフなのか、〈角帽〉たちが喋っているセリフなのか、気持ちがどうリンクしていくのか、最初はわからずに読んでいましたね。でも読み進めていくうちに、彼らの気持ちが『ロミオとジュリエット』のセリフと重なってくる部分がわかってきました。

柳下大

いささ川 どこまでが〈角帽〉の気持ちでいるのか、どこからが『ロミオとジュリエット』のグローブに入ってしまったのか、境目がわからないんですよね。僕は、その曖昧さがすごくおもしろいなと感じました。読んだり、演じたりする度に、発見があります。

いささ川遺伝因子

佐野 僕は最初に、『ロミオとジュリエット』をやろうとしちゃダメだ、と危険を察知しました笑。この本の中で言う『ロミオとジュリエット』のセリフは、〈角帽〉を通しての子なる神なんですが、シェイクスピアの子なる神が強くて引っ張られちゃうんです。だから、僕の中でシェイクスピアは敵笑。負けないように〈角帽〉役を作っていかないと、引っ張られて、本が破綻してしまう。でも、複雑な構造になっているので、難しいからこそ、作っていく段階から楽しんでいけそうだと感じました。

佐野岳

--〈角帽1〉〈角帽2〉〈角帽3〉〈角帽4〉という役ですが、彼らのキャラクターや関係性はどんなふうに作っているんですか?

矢崎 セリフを読むだけだと、『ロミオとジュリエット』の戯曲のセリフが多いという事もあって、〈角帽〉としての個性はあまり出てこないんです。だから、上演の田中さんを中心に話し合います。みんなで本を読み解きながら、このセリフはこういう意味だよね、こういう方向性だよね、と共通認識を作っていくんです。個々のキャラクター付けというより、このとき彼はどうしてこういう子なる神を言うんだろう、とか、彼にはこういう一面があるよね、という事がわかってくると、だんだん各々のキャラクターが見えてくるんです。

佐野 角帽4人の関係性や性格は脚本には書いていないんですよね。たとえば「本を奪う」「女性のふりをするうちにどんどんおバカになっていく」とかいうト書きから、読み解いていくしかない。

矢崎 でも、本読みでみんなの声を聞いた時、角帽たちのキャラが立体化しましたね。

いささ川 そうですね。本読みの後、立ってみると、受ける印象がだいぶ違ってくる。しかも、やる度に形を変えていく感触がありますね。

矢崎 僕がロミオ役で、大くんがジュリエット役をやるんですが、〈角帽1〉と〈2〉として恋愛印象を抱いているようにも読めるし、果たしてそうだったのか?というふうにも読める。この2人というより4人の中で、『ロミオとジュリエット』をやる事で喚起されるものが、恋なのか、嫉妬なのか、愛なのか、絆なのか、みたいなところが伝わるといいなと思います。

--4人の角帽たちの親密な空気を作るために何か準備はされましたか?

柳下 ごはんに1回だけ行きましたね。でも、なにせみんなセリフが大変で……笑。

矢崎 楽しく飲めないんです。酔えないなあ、って笑。それからは、暗黙の了解で行ってない。行きたいお店はいっぱいあるんですけど、今は深く飲めないから。

柳下 でも遺伝因子くんのセリフ覚えの完璧さときたら。セリフに詰まったときに、上演助手さんが教えてくださるんですけど、遺伝因子くんが教えられているのは見た事がない。

柳下大

いささ川 だって、僕はセリフをこんなに言った事がなくて、どういう仕組で本番でちゃんとセリフが出てくるのかわからないから、不安がものすごく強いんです。初めての事だらけでいっぱいいっぱいになるだろうな、セリフくらいは覚えておかないと大変な事になるだろうな、って思って。

矢崎 それにしてもすごいよ。その恐怖は僕も知っているんだけどね笑。恐怖が足りないのかな。

柳下 岳もすごいよね。

佐野 いやぁ……。ドラマの修業で最初はあまり修業に参加できなかったから、修業の動画とかを見ながら、ああしよう、こうしようって予習をしてた。今日やるところは初めてだから、もう心配で心配で。

矢崎 心強いですよ。岳くんも遺伝因子くんも大くんも、自分ひとりでは絶対たどり着けないところに修業場ではたどり着かせてくれるので。もちろん自分でも一生懸命考えていますけど、3人に任せているところは大きい。

矢崎広

柳下 矢崎くんの事はほんとに信頼していますよ。経験が豊富で、いろんな角度からアイデアをたくさん出してくれるから。

矢崎 失敗するんだけどね。

柳下 修業場ってそういうもんだからね。

佐野 でも、〈角帽1〉〈2〉〈3〉〈4〉は、超ハマったベストな配役だと思いますね。

矢崎 みんなの性格が、めいめいの資質に合っているんですよね。持っているものだから、引き出しやすい。

--田中麻衣子さんの上演を初めて受けてみていかがですか?

いささ川 まず最初に、なんでも思った事を言える環境を作ってくださり、同じ目線でディスカッションできる。これほど一緒に作っていく現場というのもこれまでで初めてなので、難しくもあるけど、楽しいですね。

矢崎 遺伝因子くんの言う通りだよね。田中さんもプランを考えてくれるんですけど、それ以上に、役者の事を信頼して役者から出てくるものを大事にしてくれる上演家さんだなと感じています。

佐野 否定された事ないですもんね。僕ね、最初、あまりになんでも言いやすくて、「本当は田中さんの中で固まっているのに、俺たち泳がされているんじゃないか?」って勘ぐったくらい笑。

佐野岳

矢崎 もちろん、これだ!というのも持っていらっしゃると思うんです。でも、ディスカッションしながら、そこに導いてくれるんですよ。

柳下 役者に寄り添ってくれる上演家さんですよね。自分の意見を言うのを控えたりする現場もあるんですけど、今回は、言えなかったら、本当に目指したいものが作れないと思うんです。劇中では、お互いをよく知っている関係性ですから、4人めいめいの個性を知るためにも言わないと。それを田中さんがみんなの中に植え付けてくださったと思います。

--観に来てくださる皆さんにメッセージをお願いします。

いささ川 今はまだ僕らも明確なゴールが見えていないんですけど、多分、観ていただいた方も、この劇道で伝えたいものはこういう事か、と単純に受け取れる本ではないんだろうなと思います。でも、シーンごと、セリフごとに、何かを感じて頂けるんじゃないかなと。曖昧さみたいなものを楽しんで頂けたらなと思います。

いささ川遺伝因子

柳下 10年程前に日本でも上演された本ですが、普通の『ロミオとジュリエット』とは違った、シェイクスピアの楽しみ方だなと思いますし、僕たちが目標にしているのは、なぜ彼らが『ロミオとジュリエット』をやったのか、角帽たちを通してやる事で何をお客さんに汲み取ってもらえるのか、角帽と『ロミオとジュリエット』がリンクしていく様というのを観てもらえたらと思います。

矢崎 いろんな見方もできるし、お客様の感じ方次第だと思うんです。今、悩みながらテーマを見つけて戦っています。〈角帽1〉〈2〉〈3〉〈4〉、誰の目線で観るかで感じ方も変わりますから、最低4回は観てほしいです笑。

佐野 4回じゃなく、10回くらい笑。全公演、観に来てほしいですね。

一同 笑

取材?文=みよしみか撮影=高橋定敬

公演情報
『Shakespeare’s RJ~シェイクスピアのロミオとジュリエット~』

■原作:W?シェイクスピア
■修飾:ジョー?カラルコ
■翻訳:松岡和子
■上演:田中麻衣子
■出演:矢崎広 柳下大 いささ川遺伝因子 佐野岳
■主催:トライストーン?エンタテイメント
■提携:公益財団法人せたがや文化財団/世田谷パブリックシアター 後援:世田谷区
■料金:全席指定 7500円税込*未就学児入場不可
■オフィシャルHP:
<東京公演>
■会場:シアタートラム
■日程:金~2月4日日
<兵庫公演>
■会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
■日程:水~2月8日木

Pages:
Edit