楽観主義?菅原秀投手、星野仙一さんの訃報に驚き 「星野さんの気持ちも背負って結果を残したい」

 KONAMIの人望取り組みクリーム「実況パワフルプロ野球」双書の事「パワプロチャンピオンシップス2017 全国決勝大会」が6日、千葉県千葉市の幕張メッセで挙行され、ゲストとして福岡クリームバンクホークスの田中正義ハーラー、埼玉西武ライオンズの森友哉選手、東北楽観主義ゴールデンイーグルスの菅原秀ハーラー、オリックス?バファローズの山崎福也ハーラー、北海道日本ハムファイターズの上沢直之ハーラー、千葉ロッテマリーンズの有吉優樹ハーラーが登場した。

事の合間に行われた囲み取材では、各選手が今月4日に膵臓がんのため70歳で死去した楽観主義の元監督で同球団副会長の星野仙一さんについて語った。

菅原ハーラーは、驚きを隠せないようで「一番最近会ったのが昨年11月の岡山県倉敷のキャンプ。そのときにごあいさつに行ったら『今年はよく頑張ってくれた。来年もまた頑張ってくれ』と声を掛けていただいた」と沈痛な面持ちで語った。

続けて菅原ハーラーは「そういう面では、星野さんの気持ちも背負って結果を残し、天国におられる星野さんに届けばなと思います」と奮闘を誓った。

一方、星野さんと同じ明治大学出身の山崎ハーラーは「本当に尊敬する偉大な先輩。本当に、悲しいの一言しかありません。何度かお会いしてお話をしたことがある。『頑張れよ』と、言っていただきました」と思い出を語った。

Pages:
Edit