1月7日は人日の節句。春の七草で「七草粥」を

1月7日は「人日じんじつの節句」。この日の朝に「七草粥」を食べると、一年疾病をしないといわれています。

春の七草とは、以下の7銘柄の野草を指します。

■春の七草とは?
?せり.独特の芳香があり、食欲を増進。
?なずな.ぺんぺん草ともいわれ、利尿や解熱の作用があります。
?ごぎょう.別名はハハコグサ。風邪予防に効果的。
?はこべらはこべ.ビタミンAが豊富。利尿作用もあります。
?ほとけのざ.別名をコオニタビラコ。食物繊維が豊富。
?すずなかぶ.身が柔らかく、消化がいい。
?すずしろだいこん.消化がよく、ビタミンも豊富。

と、カラダにいいものばかり。もともとは七草ではなく7銘柄の青菜を食べていたのが起源だそうで、冷蔵庫に残った青菜で代用するのもアリ。いまはスーパーでパック詰めされた七草セットも手に入るので、活用しない手はありません。

■おかゆレシピ

年末年始の食べ疲れ解消。サクッとつくる、胃にやさしいおかゆ

うまみたっぷり中華「鶏がゆ」で朝食チャージ

正月のごちそうで疲れた胃にやさしい七草粥。無病息災を願いながら、味わってみるのもよさそうです。

[お正月や新年会で疲れた胃腸をやさしく労わる! 自然の恵みを感じる「七草粥」]

マイロハス編集部

photo by Thinkstock/Getty Images

Pages:
Edit