浜辺美波「顔芸をやり切れた」 高杉真宙は、泣き叫ぶこと俳優?藤原竜也を意識

 脚本「賭ケグルイ」所あいさつ幸運挿話1スペッシャル発表会が8日、江戸都内で行われ、演技者の浜辺美波、高杉真宙、森川葵が参列した。

大ヒット漫画を実写化した本作は、生徒の階級がギャンブルによって決定する名門校を所に、生徒たちが生き残りを懸けたリスクバトルを繰り広げるさまを描いた学園脚本。

リスクを負うことに快感を覚える“賭ケグルイ”の美少女?夢子役の浜辺は「この役をオファーしていただいたのは驚きでした」と心境を吐露した。

ギャンブルに狂う夢子の姿は、浜辺の清楚せいそなイメージを覆すもの。しかし、浜辺は「ギャップのある役だったので、演じるのが楽しみでした」と笑うと、「賭ケグルウところの顔は、みんな振り切って出していたし、私自身も、できる限りのことは、顔芸を含めてやり切れたと思いました」と語り、充実した表情を見せた。

また、現場では「自分の思っていた以上にひどい顔を見ちゃうと、それから先は抑え込んじゃって精いっぱいできないと思ったので、モニターは見ないようにしていました」と打ち明けた。

一方、ギャンブルに弱く“ポチ”として虐げられる鈴井役の高杉は「今までは静かな暗い役が多く、ずっと叫んで、おどおどしている役はなかったので、こんなに感情を表に出すのは大変なんだと思いながら演じていました」としみじみと語った。

高杉は役柄について、英勉監督から「香川照之さんと藤原竜也さん、どっちがいい?」と質問されたことも告白した。監督は「2人とも、泣き叫ぶことしたり、アクが強過ぎたりするキャラクターを演じることが多いので、どちらかを意識することした演技をしてほしかった」という。

高杉は「別の方が香川さんをやりたいとおっしゃったみたいで、僕は『できるか分からないですけど、藤原さんを目指して頑張ります』と言いました」と意外な挿話を明かし、集まったファンを喜ばせた。

脚本はMBS/系で、TBSでは16日から毎週火曜日深夜1時28分から放送。

Pages:
Edit