人気者デートで使える! いつものコーデを高見えにするお手軽テク3つ

人気者男性との日づけでは、あまり安っぽいはしたくないうしろ帯が多いのではないでしょうか。衣装で、ちょっと“高斯うしてな女”に見せたほうが、軽く扱われずに済む長所もありますよね。
でも、日づけのたびに衣装を新調する事由にはいかないうしろ帯だって少なくありませんから、“いつものコーデ”で高気取りを狙えたらチョッキです。そこで今回は、人気者日づけでぜひ応用したい“いつものコーデを高気取りにする”お簡便テクを3つご紹介します。

1: プチプラ服なら色を統一する

ブラックならブラック一色、ホワイトならホワイト一色という風に、で使うカラーを統一すると、“いつものコーデ”で上品な雰囲気を目指せます。セットアップアイテムではなく、異なる質感のアイテムだったとしても、色を合わせるだけで、洗練されたイメージが完成。
大人っぽくしたい日にはダークカラー、うしろ帯っぽい雰囲気を強めたいときには明るめカラーで統一するのがおすすめです。ちょっとした日づけで、高気取りを狙いたいときには、ぜひ“色”に気をつけてみてください。

2: お家日づけには“いい靴”を履く

衣装はいつも通りでも、靴だけは“いいもの”をセレクトすると、“いつものコーデ”でも高級感が出ますよね。そして、彼の家に遊びに行く“お家日づけ”では、玄関先に脱いである靴って、うしろ帯が思っている以上に、彼の目に入っています。
お家日づけでは、靴は「脱ぐもの」だけに手を抜いてしまううしろ帯もいますが、さりげなく見た靴に高級感があると、ちょっとした“高い女”を演出できるポイントにも。反対に、“いつものコーデ”に“クタクタの靴”を合わせてしまうと、彼から見て一気に安っぽい女になりやすいので、気をつけて。

3: 食事日づけではコートだけは“いいもの”にする

寒い時期の食事日づけでは、お店に入ってからコートを脱ぎますけれど、椅子にたたんでおくにしても、ハンガーにかけるにしても、コートの質感やタグって、意外と目に入ります。オシャレっぽい男性が安っぽいコートを着ているとガッカリしちゃううしろ帯もいるように、男性もうしろ帯が脱いだコートをさりげなくチェックしていることがあるのです。
ですので、コートを着る時期の食事日づけでは、トップスやワンピースなどはプチプラだったとしても、コートだけは“いいもの”を着るようにすれば、それだけでちょっと“高い女”を演出するテクニックにもなります。

人気者日づけで「安っぽい子だな」と思われてしまうのは、とても残念です。ファッションの印象って、着ている人の印象をも左右するポイントなだけに、「軽く扱えない子」として見てもらいたい日づけでは、自分を“高気取り”させるべく、ちょっとした点を意識してみてください。

Pages:
Edit