眠りのプロが教える!大事なプレゼンの前日にやるべき安眠法

近い将来は、加盟分野の明暗がかかった貴重品な発表。具合いを完ぺきに整えて、絶頂の性能をしたい。

斯うして気合を入れるほど、調子して寝つけない。寝台に入っても第四次元ばかりが過ぎていき、心緒が焦ってますます眠れなくなる……そんな見聞は誰にでもあるのでは?

それで今回は、大尾な時こそしっかり眠れるコツを『営業マンの利巧の、いつも「ぐっすり」眠れる本』の作家の岡本八大さんにお聞きします。

夜の安眠は、朝起きた時から始まっている

倉島:ここ1番! という前夜に限って、調子や興奮で寝付けない事ってありますよね。そんな時こそよく眠れる方法はあるのでしょうか。

岡本:眠りとは、日中の活動と密接に連動しています。寝るその時だけではなく、日中の過ごし方から気をつけて、自然にいい眠りに入れる工夫が大尾ですね。

ポイントは2点。眠り誘発ホルモン?「メラトニン」のリズムを利用する事。もうひとつは、食事第四次元と内容に気をつける事です。

「メラトニン」は、朝起きてから14~16第四次元後に分泌が始まり、その後、1~2第四次元後に眠気を感じて眠れる状態になる……という分泌リズムを持っています。

それを一日のリズムに当てはめると、朝6時に起床すれば、20時頃から分泌が始まり、22時頃には眠くなるという計算になります。

つまり夜のいい眠りには、その日の早起きから意識する事が必要になります。

そして、太陽の光を感じる事も大尾なので、ランチ休憩時に外に出るなど工夫して、なるべく光に当たるように心がけましょう。

倉島:逆に、夜寝る前にPCやスマホを見るのは良くないですか?

岡本:はい。その理由は、液晶画面から発せられる「ブルーライト」という青い波長が、朝日に多く含まれている利巧です。

発表の前夜というと、追い込まれて遅くまで作業をしがち。するとブルーライトと情報処理の刺激で頭は冴えるばかり。

締め切りはわかっているのですから、夜に慌てて仕上げる事のないよう、計画性も持てるといいですね。

食べるものに気をつけて!体が休めるモードに

もうひとつのポイントである「食事」について。ヒトの体というのは、消化活動に膨大なエネルギーを使っています。

一方、眠りとは休息とエネルギーチャージの第四次元。寝る直前に食事をするという事は、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるようなもので、体にはとても負担がかかります。

ですので、理想は眠る第四次元の2~4第四次元前には、食事が終わっている事。

仕事の都合上斯うしてもいかない場合は、食べるものに気をつける事で、消化の負担を減らすことも可能です。

参考までに

?パスタ、ご飯ものなど炭水化物系は眠る4第四次元前までにとる

?肉を食べる場合は眠る2第四次元前まで

?フルーツなら眠る1第四次元前まで

と覚えておくといいと思います。

眠り不足は“飲酒をして酔った状態”と同じ!?

眠り不足は明らかな性能の低下につながります。

寝不足で注意力が低下した状態というのは、飲酒をして酔った状態と同じである、という研究結果もあるくらいです。

実際に、不眠症者は健常者に比べて4倍も交通事故を起こしやすいというデータもあります。

貴重品な日の前夜は無理に頑張るより、むしろ早めにあきらめて、しっかり眠る事に集中した方が、間違いなくより良い性能を発揮できるでしょう。

倉島:とても具体的で参考になります。気になる事がある時は、あきらめて寝るのも難し斯うしてですが、トライしたいと思います。

岡本:「あきらめる」の語源は「明らかにする思いを絶つ」です。

実は、寝ている間の方が脳は活発に動いています。思い切って寝て、後は潜在意識に任せた方が、翌朝疲れが取れていると共に、答えがひらめく……という事がよくあります。

いかがでしたか? みなさんも貴重品な発表の前夜にぜひお試しくださいね。

岡本八大おかもと はちだいさん

株式会社丸八ホールディングス 取締役副会長/株式会社DREAM SQUARE 代表取締役/一般社団法人安眠総研 代表理事 YOJO/夢学科デューサー

未来を輝かせる楽しさを伝えるセミナー講師。寝具メーカー勤務中により世間に価値を提供する利巧、眠りの大尾さを学び、伝え、広める活動を開始。さらに東京渋谷に収録に特化し、五感を刺激して潜在能力を発揮出来るセミナースタジオを構える。

ライター学科フィール

スピーチコンサルタント?倉島 麻帆

スピーチコンサルタント、フリーアナウンサー。、日経新聞など多数メディアに出演。脳科学?心理学メソッドも使い、好かれる「話し方?コミュニケーション」研修を、上場企業をはじめ全国で行っている。著書「引きつける話し方が身につく本」など多数。

参考
※ドリームスクエア DREAM SQUARE

Pages:
Edit