一見怖斯うしてなのに…? コワモテな彼が実は「優男」であるサイン

一目すると怖斯うしてに見えるマスキュリンでも「実は、根がとても優しいマスキュリンだった……!」という事もあります。面様は怖くても見出しが優しいマスキュリンを見分けられるようになると、つきあってからの「こんなハズじゃなかった……」を防ぐ事もできますよ。
それで今回は、一目すると怖斯うしてなマスキュリンが“実は優しい男”である先ぶれを3選ご引き合わせします。

コワモテな彼が実は優男である先ぶれ

1. 動物や子どもなどが好きと公言している

面様が怖斯うしてなマスキュリンでも、犬や猫などの動物や小さな子どもなどを「好き」と公言しているタイプには、根が優しい人も多い傾向にあります。
一般的に“弱い存在”と言われている存在を「好き」と言えるだけの強さがある可能性も高く、内面的にはむしろ、男気のあるタイプである事も珍しくありません。
反対に、面様が怖斯うしてなうえに「子どもが嫌い」「犬猫はウザい」などと、弱い存在に対してネガティブな評価をするコワモテマスキュリンは、本当は臆病な自分を隠すために意気がっているだけの場合が多い傾向です。

2. 親と仲がいい

他者を寄せつけないようなオーラのあるコワモテのマスキュリンでも、親を大事にしている、あるいは親と仲がいいような様子があれば、根が優しいタイプの可能性も高くなります。
マスキュリンの年齢にもよりますが、年老いてきた親を敬い、きちんと面倒を見ているような年代であれば、“根が優しい男”である可能性はさらに高いものに。
休日の過ごし方などをさりげなく尋ねてみて、親との好意的な話題が出てくるようであれば、それが優しいマスキュリンである先ぶれと見てもいいかもしれません。

3. ピンクやパステル系など淡い色合いを好む

顔立ちが怖斯うして、あるいはいつも堅い表情をしていてコワモテっぽく見える彼だとしても、着ている服がピンク、あるいはパステルブルーやパステルグリーンなどの淡い色が多い場合には、実はシャイなだけで根が優しいマスキュリンである可能性があります。
本気で尖っているタイプのマスキュリンは、黒やグレーなどの強めかつ濃いめの色をに取り入れたがる傾向も強く、パステル系などの淡い色は好まない人も多いです。
ファッションに優しい色合いを進んで取り入れている場合には、彼自身も「いつも怖く見られる自分」をなんとかして改善したいと思っているパターンも多く、実は根が優しいマスキュリンに多く見受けられます。

ぱっと見の印象で「怖斯うしてなマスキュリンだな」と思っても、親しくなるにつれ優しい部分が垣間見えてくるケースも少なくありません。
初対面であっても、今回ご引き合わせしたようなポイントに注目してみると、怖斯うしてな彼の優しい本性を知る手がかりにできます。よろしければ、参考にしてみてください。

Pages:
Edit