iPhoneを売る時、iCloudの個人情報をどうすればいい? – いまさら聞けないiPhoneのなぜ

を下取りに出す、売り込みするというケースには、人報をしっかり消去しましょう。ただし、いきなり消去し始めるのではなく、レヴェルを踏んで本する事を強くお勧めします。

まず、先行きiPhoneを使う実行可能性について考えましょう。もう二度とApple製品を使わないと固く心に決めているのならば、Apple IDを消去して人報はもちろんアプリや音楽の購入履歴まで徹底的に消去すべきですがこちらから処理できます、復帰する実行可能性があるケースにはApple IDまで消去する必要はありません。

単なる機種変更で次に使うスマートフォンもiPhoneというケースには、iCloud上の人報は温存しつつiPhoneの内蔵ストレージ上の人報は消去する、という処理を行います。このケース、「iCloudにサインインしたまま手動消去」しないよう注意しましょう。

iCloudにサインインした状態で「連絡先」や「カレンダー」の報を消去すると、iCloudからもその報は失われます。『設定』→画面上部に表示されているApple ID→「iCloud」の順にタップした時現れる項目は、スイッチがオフ左側/白にされていないかぎり、データ通信が有効な時はただちに本内容がiCloudに反映され、iCloudからその報が消去されてしまうのです。iCloudから報が消去されれば、同じApple IDでサインインしている他のデバイスからも、たちどころに報は消えます。

引き続きApple製品/iCloudを利用するケースの売り込み/譲渡前に行うべき本ですが、iTunesを利用するなどしてバックアップを作成したあと、『設定』→Apple IDの順に画面を開き「サインアウト」をタップしてiCloudとの接続を断ちます。それから『設定』→「一般」→「リセット」の順に画面を開き、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。これで、iCloud上の人報を温存しつつ内蔵ストレージ上の人報を完全に消去できます。

Pages:
Edit