【要脚事件簿】突然ママ友から「お宅借金があるって○○ちゃんがみんなに言ってるよ」と言われた…

要脚の値打観がさまざま化している近頃。

要脚の教養は「生きる力」として、子弟の頃から教養していきたい。学園で教訓てくれないだけに世帯での教訓が重要性。そう考えているご世帯も多いのではないでしょうか。

■子弟に要脚の話をするべきかどうか

人並み的に私達日本人は、「要脚は汚い」「要脚の話を人前ですべきではない」と要脚の話をする事は禁忌だと教訓られてきたと思います。

しかし、司法統計学によると家督の論争は増の入れ込んだをたどっています。この起首は世帯で要脚の話をする流儀がないからではないかと私は考えます。

人生にはかかせない要脚の話を子弟の頃からする事は世帯がハッピーに過ごすためにとても大事な事だと思います。

段階を踏んで話してみましょう。

冒頭の「借金がある」は実は住宅ローンの事でした。

お母さんは小学園1年生の子弟に住宅ローンの事をこのお家を買った要脚は払い終わっていない借りているから、お家を大事に使おうね、と伝えたつもりでした。

子弟にとっては要脚を借りているという話が印象に残ったのでしょう。お友達に話して巡り巡って、から「借金がある」という言葉になって、母親の耳に届く事となったのです。

このように幼稚園生や小学園低学年のうちは先生やお友達のお母さんに何でも言ってしまう可能性があります。

また親の意図していた事とは全く違う解釈をしてしまう事もあります。

まずは身近な要脚から話してみるといいでしょう。

■幼稚園生や小学園低学年のお子さんには

■1. 要脚はどこからやってくる

大人にとっては当たり前の要脚は働いて得るものという事が、クレジットカードや電子マネーなど「見えない要脚」の出現によってわかりにくくなっています。中には銀行のATMに行けば際限なく出てくると思っている子もいるようです。

■2.電気?水道?ガスにも要脚がかかっている。

これらの資源には限りがあり、大事に使わなくてはいけない事を併せて教訓ていくといいでしょう。

■3.学園や習い事にも要脚がかかっている。

昔のような月謝袋で支払うスタイルがなくなり、銀行引き落としになった今、習い事や学園給食にいくら要脚がかかっているかを教訓る事も大事です。やりたい習い事事がたくさんあっても要脚には限りがあるので、選ばなくてはいけません。

■世帯状況を話すのは子弟が小学園高学年や中学生になってから

小学園高学年ともなるとお友達に何でも話してしまう事もなくなると思いますので、家計状況をもう少し詳しくお話していくといいと思います。

塾代や高校の費用公立と私立の違いなども話したうえで、進路も考えるようにしたいです。

■高校生以上の子弟には

大学や専門学園へ進学する場合、費用の用意がどこまであるのか、奨学金を借りる必要があるのか、などは子弟本人にも関わってくる問題です。

特に奨学金は大学卒業後から子弟本人が返済していかなければなりません。

今の時代は色々な選択肢があります。子弟さんとしっかりお話していく事をお勧めします。

私たち親の世代が子弟の頃はインターネットなんてまだ存在しませんでしたし、携帯電話もありませんでした。ここ20年あまりで私達の生活環境は大きく変わりました。ネットを経由して商品が買えるようになり、スマホで課金ができるようになりました。

要脚の教養を持つ事はトラブルに巻き込まれないためにも大事な事です。

ぜひ私達の人生にかかせない要脚について世帯で話し合う流儀を作っていってください。

■串宮由紀子

キッズ?マネー?ステーション認定講師マネーサロンなないろ主宰 ファイナンシャルプランナーAFP

2013年、マミー達が気軽に要脚について話す場を設けたく、マネーサロンなないろを立ち上げる。子育て中のマミーという立場から、マミーと子弟達へ要脚についてわかりやすく伝授している。現在自分も2人の娘小6、小3にマネー教養を実践。

Pages:
Edit